戻る チア・コンベンション2015 次に

チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015  チア・コンベンション2015 

2000年春にチア・にっぽんがスタートして19年の歳月が経ちました。「教育機会確保法」の施行ほかホームスクーリング環境整備が進む一方、社会では、児童虐待の事件が相次ぎ、家庭訪問を受ける家族も出ています。

感情的な体罰は厳禁ですが、聖書と親の愛情に基づき、ホームスクーリングマインドで育まれた子どもたちがいよいよ、世の光となって輝き、国際社会に貢献していく時代です。私たち、親もさらに心を引き締め、ますます、親としての成長を研鑽していくチャンス到来です。

そうした中で、今年のチア・コンベンションは、HSLDA(ホームスクーリング法的擁護協会)マイク・スミス代表の推薦で、HSLDAカナダ代表のジェラルド&ベバリー・ヒューブナーさんご夫妻の来日が決定しました。ご夫妻は、世界各地のホームスクーリングムーブメントをサポートしてこられました。

また、OB/OG、ユース&保護者セッションとしては、お母さんとして子育てに集中し、子どもたちが巣立った後にハリウッドで活躍するようになったゴスペルシンガーのJunkoを迎えます。さらに、日本で最大規模の幼稚園(園児数1300名)と、卒園生1700名の英会話スクールを経営する宮城明泉学園長のダニエル・ファンガーさんを迎えます。ダニエルさんは、マイクロソフト社のゴールデンパートナーとして日本、中国、インド等で展開するグレープシティ社の会長でもあります。講演では、「実社会でクリスチャンとして輝くために ― 神さまから教えられた今なすべきこと・教えるべきこと・心に刻むべきこと」と題してお話を伺います。明泉学園では、約1年間のインターンとしてチア・メンバーの訓練生を迎える案も検討されており、その話もしてくださいます。

0歳児から参加でき、この20年参加された、のべ7000名あまりの子どもたちが推薦するチルドレンミニストリーや、80余りの基調講演・分科会ほか、今年も励ましとチャレンジいっぱいの20年目のコンベンションになりそうです。どなたでも大歓迎です。まずはパンフレットをご覧くださり、ぜひ、お早めにお申し込みください(早期申込特典あり)。皆様へのますますの祝福を祈っています。「父の心を子に向け、子の心を父に向けて」(マラキ 4:6)。チア・コンベンションでお待ちしています。

 

2019 チア・コンベンション PDF ダウンロードは、こちら>>